合宿免許を活用してプロ免許を取得する方法

###Site Name###

合宿免許の利用者の大半は学生で、多くの人は普通自動車コースや二輪車コースを選択します。


ところが、合宿プランが利用できるのは普通自動車・二輪車だけとは限りません。一部の教習所では大型自動車や、二種免許などプロ免許コースも設置しています。


プロ免許コースを利用する人は社会人なので、保証範囲の年齢制限も緩く設定されています。

所持免許が8t限定の中型自動車免許(平成16年以前の普通自動車免許)を所持している人が合宿免許を活用すれば、9日~11日程度で教習所を卒業することができます。


普通自動車の二種免許であれば、最短で7日で教習所を卒業できます。

二種免許コースを利用する場合には、技能教習以外にも自家用車やレンタカーを使って自分で検定コースを含む公道で練習ができるので、最短日数で卒業ができる可能性が高くなります。


普通自動車の免許しか持たない人が、合宿プランで大型二種免許コースを選択することすら可能です。

合宿免許を活用すれば、1週間そこそこの期間で仕事に役立つ免許を取得することができるのです。

さらに、一部のプロ免許コースは教育訓練給付制度の指定講座に指定されているため、ハローワークで手続きを行えば教習費用の一部が支給されます。合宿免許には食費や光熱費などが含まれているため、教習期間中の生活費がかかりません。



大型車コースを設置している教習所でも、教習車の台数が少ないので通学では技能教習の予約が取りにくい場合があります。



最初からカリキュラムが組まれている合宿免許であれば予約を取る必要がなく、確実に教習を受ける事ができます。



社会人でプロ免許の取得を考えている人は、学生の利用が少ない時期に合宿プランを利用すれば格安で免許を取得することができます。