閑散期に利用するとお得な合宿免許プラン

###Site Name###

合宿免許を利用する人多くが学生なので、学校の授業が休みの期間に利用者が増えます。


そのため、繁忙期と閑散期で料金に大きな差があります。



夏休みや春休みは学生の利用が多いので基本料金が高額になるだけでなく、学生以外の利用を断る教習所もあるほどです。

これに対して、夏休み後の10月~12月初旬にかけての時期と、1月中旬から2月にかけての時期は閑散期となります。
合宿免許を実施している教習所では、合宿専用の宿泊施設を備えている学校があります。
閑散期には宿泊施設は空き部屋となってしまいます。空き部屋でも維持費用がかかるので、格安料金でも利用者を集めて部屋を埋める必要があります。

そのため、社会人向けにお得なサービスを行っている教習所があるのです。閑散期限定で、レギュラープランの部屋(相部屋)を1人で利用することができるプランを設けている教習所があります。

閑散期になるとレギュラープランで申し込みを行って3人部屋などを利用する場合でも、同室者が居ないので実質的に“個室”になるケースがあります。



このため、一部の合宿免許ではレギュラーの一番安い料金で相部屋用の部屋を利用するものの、1人だけの利用が約束されているレギュラーのプランを販売しています。



シングルルームを利用すると狭い1人用の部屋を利用しますが、レギュラーの1人部屋プランを利用すれば3人部屋やそれ以上の広い部屋を1人で占有することができます。

部屋が広いのに、シングルプランよりも料金が安くなるのです。
社会人で合宿免許の利用を計画している人であれば、閑散期の1人利用のレギュラープランを探してみることができます。