北国の合宿免許で路上教習を活用する方法

###Site Name###

春休み・夏休み・冬休み期間中は、大勢の学生が合宿免許を利用するので基本料金が高くなります。夏と春は日本全国どの教習所も合宿プランの料金が割高になりますが、冬休み期間中は場所によっては安くなるケースがあります。
それは、北陸や北日本の教習所で、近くに有名な温泉やスキーリゾートが無いような所の合宿免許所です。



冬の北日本は雪道となり、路上教習も雪道走行となります。

教習車には冬用のタイヤが装着されていますが、それでも急な運転操作や上り坂などではタイヤがスリップすることがあります。

雪道では道路の停止線が隠れてしまい、停止線オーバーで卒業検定が中止になるケースもあります。

教習生は乾燥した路面の運転も難しいのに、雪道で練習を行うのは大変です。



その代わりに、高い運転技術を身に付けることができるのです。
教官は雪道走行に慣れた地元の人ばかりなので、滑りやすい路面上を安全に走行するための技術を習得することができます。

教習所によっては空き地などで、スリップ体験をさせて貰える事があります。

冬の雪国で行う合宿免許は、滅多に雪が降らない温暖な地方に住んでいる人に是非おすすめです。広島や福岡などの温暖な地域であっても、数年に一度は大雪に見舞われることがあります。



このような地域では多くのドライバーが雪道走行に不慣れなので、たまに大雪が降ると交通がマヒしたり、スリップによる交通事故が多発します。


もしも雪国の教習所で雪道走行の技術を習得していれば、大雪に見舞われても事故に巻き込まれずに済むかもしれません。

教習期間中に雪のせいで検定不合格になって卒業日数が数日程度延びたとしても、合宿免許であれば追加料金は必要ありません。
無料で余分に練習ができると考えればお得です。

温暖な地域に住んでいる人にとっては、冬の雪国の合宿免許を利用することで貴重な体験ができるのです。