合宿免許の仮免コースを活用する方法

###Site Name###

合宿免許を利用する人の多くは、生まれて初めて自動車の運転免許を取得する学生です。
そのため、利用者の大半は普通自動車コースを選択しています。
ところが、既に免許を取得したことがある人でも合宿免許を活用することができます。



自動車の運転免許証は3年または5年の有効期間が定められています。
有効期間が満了する年の誕生日から1月以内に更新をしなければなりません。



有効期間をオーバーしても半年以内に申請すれば再び免許証が交付されますが、この期間を過ぎてしまうと本免許証を発行してもらえなくなります。


有効期間を半年以上超えてしまった場合、1年以内の間であれば仮運転免許証が発行されます。
この仮運転免許証を利用して運転免許試験場で技能試験に合格するか、自動車教習所の卒業証書を持って学科試験に合格すれば本免許証が交付されます。



運転免許試験場の技能試験は、一度不合格になれば次の検定の予約が取れるまで2~3週間以上待たなければなりません。
それに加えて、どんなに運転が上手であっても1回目の検定では合格させてもらえません。


仮免許を交付された後に短期間で本免許証を取得するのに、合宿免許が利用できます。

仮免許を取得している人向けの合宿プランとして、第2段階から教習がスタートする仮免コースを設置している教習所があります。

仮免コースを利用すれば入校から卒業までに2週間もかからないので、最短で本免許証を再取得することができるのです。

運転免許を取得した事がある人であれば卒業検定に不合格になる可能性が非常に低いので、最短期間で卒業ができます。

繁忙期を避けて合宿免許を利用すれば、通学教習よりも安上がりで済みます。


免許証の更新を忘れてしまった人でも、合宿免許の仮免コースを上手に利用することができるのです。