合宿免許は遠くの田舎に行こう

###Site Name###

合宿免許で自動車免許を取るなら、なるべく田舎に行くといいです。


何でかというと、田舎の道路は走りやすいからです。

都会の道路は、信号や道路標識がいっぱいあり交通量も多く道も狭く複雑で、初心者ドライバーにはかなり厳しい環境です。



その点、田舎の道路は信号や標識があまりなく、交通量も少なく、道は広くまっすぐで単純で、とても走行しやすいです。

合宿免許では、仮免取得後、必ず実際の路上に出て教習を行いますから、そのとき田舎の道路だと教習が簡単になるのです。

このような理由で、田舎の合宿免許がオススメです。
しかし、田舎がいいといっても、冬の北国はやめておいた方が無難です。



冬の北国は雪が降る可能性があります。

雪が降ると、かなり運転が難しくなります。ガチガチに凍ったアイスバーン状態の道路などは、初心者ドライバーには厳しすぎる環境です。事故を起こしてしまう可能性も高まりますから、冬の北国だけは避けましょう。

できれば雪の降らない暖かい南国の方に合宿に行くことをオススメします。



合宿免許では交通費を補助してくれるケースが多いですから、支給限度額いっぱいのなるべく遠くまで行って、旅行も兼ねるというのがオススメです。

できれば、風光明媚で周囲に温泉や海、観光スポット、商業施設などがいっぱいあるところに行くと旅気分を満喫できます。

自動車教習の勉強もけっこう忙しいですが、何回か外に遊びに行けるような時間も取れますから、周辺に遊べるスポットがあると楽しい思い出を作ることができます。