合宿免許の有利不利って

###Site Name###

高校三年や大学生になるとまとまった休みに運転免許を、と、考える学生さんも多くなるかと思います。


合宿免許とは自分の居住地を離れ、少し遠いところで免許を取ることを目的にした同じ仲間たちと宿泊し2週間から3週間で免許取得を目指すものです。

多くの場合、都心部にお住いの学生さんがリゾート気分で田舎へ合宿免許を取りに行きます。

利点としてはまず、合宿できていて日数も決まっているのでもうやるしかない、と、いうところ。


不利な点はやはり、慣れた道を走るわけではないので最初は緊張するでしょう。免許をとったあとも田舎の殆ど車の通らない地域で実地をしていると2車線3車線道路に、バスがバス停にとまり信号に矢印マークが付き・・・と慌てふためいてしまうかもしれません。



なんでもそうですが交通量の少ない時間帯にひたすら練習しかありません。

また、泊まっている、と、言う点で実習の時間を朝早く、または夕方以降などにあてられてしまうケースもあります。



日中は合宿ではない日帰りの学生さんのために多くの時間を割いている場合があるからです。しかし教習所も繁忙期と閑散期があります。

冬休みなど短時間期間に取ろうとすると大変ですが夏休みなどであれば時間割もゆとりがでるでしょう。


合宿免許は同じ目的に向かっている仲間が集まっています。



みんな一発で合格するんだ、と、いう気持ちで頑張っています。
まわりの姿をみて、自分も感化されたり、また、普段住み慣れない地域での発見や友人作りなど免許証以上の宝ものが得られる場でもあります。

おひとりでも友人同士でも参加を検討されてみてはいかがでしょうか。